色々な仕事をしている人たち
一生懸命仕事をしている女性

仕事をしているとどうしても楽をしたい気持ちになる瞬間はあると思います。ですが、お給料を頂いている以上そういう気持ちはあっても仕事はしっかりとしなければいけません。当サイトでは仕事に対する心構え等を解説したいと思います。

ケアマネージャーはケアのデザイナーの仕事

ケアマネージャーの仕事はどんな仕事なのか、一言でいうと、高齢者のケアの計画のデザイナーです。ケアマネージャーは、介護保険法に位置付けられている資格で、主に介護保険の要介護認定を受けているご本人様とご家族様に対してサービスを提供します。
具体的には、介護保険に位置付けられているサービスを中心に、フォーマル、インフォーマルなサービスを組み合わせて、ご利用者様が可能な限り自立した生活が営めるようにします。計画書の中には、介護保険だけでなく様々なサービスを取り入れていきますので、ご利用者様の生活全般のデザイナーともいえる仕事です。
具体的な仕事の流れとして、まずはご利用者様やご家族様と面接して契約、アセスメントを行います。アセスメントをもとに、必要なサービス内容を取り入れたケアプランを作成します。そして、導入するサービスそれぞれの担当者と、ご本人様、ご家族様と、ケアプランの内容の共通理解を図るための「サービス担当者会議」を行い、それぞれがどんな目的でどんなサービスを提供するのか共通理解を図ります。そのうえで、サービス利用がスタートする、という流れになります。サービスの提供開始後は、最低でも一か月に1回、ご利用者様のご自宅を訪問して、ご本人やご家族と面接して、モニタリングを行います。サービス利用に問題があった場合には、それぞれのサービス提供先と連絡調整を行い、サービス利用の見直しをしていきます。
ケアマネージャーは、必要に応じて、医療機関や民生委員、行政機関とも連絡を取り合いながら、ご利用者様の自立支援のデザイナーをする仕事です。様々な知識が必要ですが、ご利用者様の人生にかかわる、とてもやりがいのある仕事といえます。