色々な仕事をしている人たち
一生懸命仕事をしている女性

仕事をしているとどうしても楽をしたい気持ちになる瞬間はあると思います。ですが、お給料を頂いている以上そういう気持ちはあっても仕事はしっかりとしなければいけません。当サイトでは仕事に対する心構え等を解説したいと思います。

組立ての仕事の年収はどのくらい?

組立ての仕事の年収は、どこのメーカーの工場で働くかによって大きく差がありますが、大手のメーカーでは時給1000円を超えていることもよくあり、残業があれば20万円以上も稼げるため、年収は200万円から300万円くらいになります。大手のメーカーの工場では組立てのライン作業を正社員がすることは少なく、ラインリーダーさえも派遣社員がやっているということがあります。基本的にはアルバイトや派遣社員がやる仕事です。正社員も新人のうちは仕事を覚えるためにラインに入ってやることがありますが、一通り仕事を覚えたらリーダーや管理の仕事をやることになるので、半年もすればラインから抜けることになります。もちろん会社によってこういったことは異なります。

工場は24時間稼動していることも多いですが、組立ての仕事は夜勤は少ないように思います。人間の体は昼に活動して夜は寝るようにできているため、体を動かすことの多い組立て作業は夜勤はやらないようにしているのかもしれません。しかし、深夜の24時くらいまでは稼動していることもありますので、その場合は深夜手当てがつくことになります。

組立てラインの仕事は、1人あたりの作業はすぐ覚えられるものなので、早ければ1時間もあれば作業をすべて覚えてしまいます。しかし、一人当たりのノルマは無駄なく作業しないとこなせないため、無駄なくテキパキと作業ができるようになるまで1週間から2週間くらいはかかります。しかし、一度仕事を覚えてしまえばだれにでもできる作業であり、特別なスキルも必要ありません。未経験者でも求人に応募することができます。そのため、やはり特別な能力が必要とされる職業に比べると年収は低めに設定されています。